無痛分娩について

無痛分娩をしてみませんか?

「お腹を痛めた赤ちゃんほどかわいい。」と言われ、当院でも最近までは「お産は痛いし大変だけど、どうかがんばってください。」と通常の分娩をおこなっておりましたが、やっぱりかなり痛いのです。「陣痛」なのです。
アメリカやフランスではもうほとんど無痛分娩を行ってますし、日本でも無痛分娩が普及してきており、当地でもその要望が高くなってきたこともあり、母体、胎児に悪い事がなければという事で要望にお答えする事にしました。
無痛分娩とは、分娩時に母親に何等かの麻酔をかけてその痛みをとる訳でこれには「全身麻酔」と「局所麻酔」があります。「全身麻酔」は眠っているうちにお産にしてしまう方法で、痛みを覚えていないのは良いのですが生んだのも覚えてなく、後になって「アレ!この子供は誰の子だろう?」なんて親子の愛情がわかなくなってしまいます。
 当院では以下に述べる「硬膜外麻酔」を用いて子宮から外陰部まで麻酔を行います。従って頭はハッキリしていて陣痛もわかり力めるし、赤ちゃんも見れるし、産声も聴こえます。つまり子宮から外陰部だけ痛くないだけで、他はまったく正常なのです。 
 以下に硬膜外麻酔による「無痛分娩」について説明します。

持続硬膜外麻酔による無痛分娩について

 お産の痛みは、脊髄神経から枝別れした腹部・骨盤・外陰部を支する神経の痛みです。この神経を麻痺させることによって、無痛分娩が可能になります。
ただし、「いきみ」や「子宮収縮」そのものを麻痺させてしまっては、お産の力が働きません。
 帝王切開や子宮筋腫の手術でおこなう腰椎麻酔では、脊髄神経をとりまく脊髄液そのものに麻酔液を浸透させる方法でおこない、上記の両方を麻痺させてしまいます。
 脊髄神経をとりまく脊髄液の周囲には、硬膜という硬い分厚い膜が有り、その膜の周囲(硬膜外腔)に麻酔液を浸透させる方法を硬膜外麻酔といい、「いきみ」や「子宮収縮」そのものを麻痺させずに、腹部・骨盤・外陰部を支配する痛みの神経のみを麻痺させてくれる非常に都合のいい麻酔方法なのです。もちろん生まれてくる赤ちゃんにも、全く影響がありません。
 硬膜外腔に麻酔液をいれるチューブを留置しておけば、いつでも痛みをとりたい時に麻酔液を追加注入するだけで、無痛分娩が達成されます。これが持続硬膜外麻酔という方法です。
 当院では、無痛分娩の中でも、最も安全確実な方法として、希望の方にこの持続硬膜外麻酔をおこなう用意があります。
 回旋異常や胎児仮死徴候など、経腟分娩そのものが困難である場合などには、帝王切開に切り替えることもありますが、これは、持続硬膜外麻酔をおこなわない場合にも同様に起こり得る事態です。
 なお麻酔手技上のトラブルがおきた場合、アレルギーなどの個人差のある特異的反応がみられた場合、脊髄神経をとりまく脊髄液そのものに麻酔液が入った徴候のみられた場合には、即座に麻酔手技そのものを中止いたします。
 夜間・休日・祝祭日の入院や、他の妊婦さんの分娩が重なっている時など、ご要望におこたえできない時もありますが、外来受診時・入院時にあらかじめ希望された方には、極力おこなえるようにいたしますので、医師・看護師・スタッフにお申し出ください。
麻酔料は3万円です。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバックURL