入院料と室料差額料金

入院料

○入院費用の目安:診療時間内の分娩、産後6日間の入院で総額約45万円です。
○上記料金には以下のものが含まれます。

1入院管理料:
2分娩料:産科医が立ち合います。
3新生児管理料:小児科医師による生後1日目、退院時診察、赤ちゃんの沐浴指導料、オムツ代、ミルク代が含まれます。
4褥婦管理料:分娩には、産後処置・乳房管理・貧血検査・診察料等が含まれます。
5その他:検査料(新生児聴覚スクリーニングなど)、文書料など

出産費用の差は…?

1分娩経過:入院してから出産までの経過。異常を認めた場合、保険の適応となるものがあります。
2分娩の時間帯:日中か深夜か、平日か休祝日かによって異なります。
3入院日数:経膣分娩の場合、産後6日目退院が基本ですが、希望があれば5日目または7日目以降の退院も可能です。
4室料の差額:個室(1日4000~8000円)または4床室(差額なし)

・消費税法基本通達により、産科の場合室代差額は非課税ですが、産科以外の方は上記金額に消費税が掛かります。

・当院の4床室は比較的プライバシーが保たれた部屋になっています。同室の方との情報交換も可能です。

・個室ではご主人の宿泊も可能です。部屋のタイプによっては朝食のサービス付きです。

出産される方の考え方は人それぞれで、年々多様化してきています。当院では可能な限り患者様のニーズにお応えしております。入院に関しての希望や、料金の詳細等については遠慮なくご相談ください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバックURL